【Bot】イベントしたい時におすすめ!GiveawayBotの使い方を徹底解説!

giveawaybot-アイキャッチBot

イベントなどの報酬を受け取る人を抽選で決めたい時、どうやって抽選しようか….ってなる方、多いのではないでしょうか?今回は、そんな悩みを解決してくれるDiscordBot GiveawayBot をご紹介します!

スポンサーリンク

GiveawayBotとは?

giveawaybot_icon

GiveawayBotが送信したメッセージに、リアクションを押し、指定した時間がたつと、そのリアクションを押した人の中から指定した人数抽選してくれるBOTで、景品を誰に渡すか公平に決めたいときに便利なBotです。

GiveawayBotの使い方

Botをサーバーに追加する

まずはDiscordサーバーに導入しましょう!

GiveawayBot
Hold giveaways on your Discord server quickly and easily!

サイトにアクセスし、真ん中の ADD TO DISCORDを押して、自分のサーバーを選択しましょう。

抽選をしてみよう

!gcreate を使ったやり方

対話型で抽選を作成することが出来ます。

  1. どこのチャンネルでも大丈夫なので、!gcreateと打ちます。(⚠ログが流れます)
  2. 🎉Alright! Let's set up your giveaway! First, what channel do you want the giveaway in? You can type cancel at any time to cancel creation. Please type the name of a channel in this server.
    と、返って来たら、リアクションを押す用のパネルを送信するチャンネルの名前を送信します。
  3. 🎉Sweet! The giveaway will be in #🎉giveaway! Next, how long should the giveaway last? Please enter the duration of the giveaway in seconds.Alternatively, enter a duration in minutes and include an M at the end, or days and include a D.
    と、返って来たら、いつ終了するか決めるため、時間を送信します。
    例)40秒後 ₌ 40, 30分後 ₌ 30M, 1時間後 ₌1H, 3日後=>3D,
  4. 🎉Neat! This giveaway will last 1 week! Now, how many winners should there be?
    と、返って来たら、優勝する人数を1~20の間で送信します。
  5. 🎉Ok! 1 winner it is! Finally, what do you want to give away?
    と、返って来たら、最後に景品の名前を入力して完了です!

!gstart を使ったやり方

こちらは、!gcreate とは違い1度のコマンドに引数に、時間,人数,景品の名前を指定することで、コマンドを送信したチャンネルで簡単に始めることが出来ます。

  • !gstart <time> [winners] [prize]
    timeには時間を、winnersには最後に選ばれる人を、最後に景品の名前を指定して、送信すると、直ぐに始めることが出来ます。

    例) !gstart 2h 2w Discord_vip
      景品:Discord_vip(Discord_vip)の抽選の期限が2時間後(2h)までで、この抽選で選ばれる人数は2人(2w)

下の画像のようにメッセージが出てくれば成功です!

giveawaybot-成功例

次は2つのコマンド以外のコマンドを紹介します。

他のコマンド

!gend [messageID]

これは今すぐに抽選を終了し結果を表示するコマンドです。

messageIDはGiveawayBotが送信したEmbedメッセージのIDです。

giveaway-コマンド_end
!gend 使用時

!greroll [messageID]

これは、結果が出た抽選に使うもので、30分経過したが相手から連絡がこないといった場合に、別の人を決めるために使います。

こちらもmessageIDはGiveawayBotが送信したEmbedメッセージのIDです。

giveaway-コマンド_reroll
今回は参加人数が1人だったので同じ人になっています

!glist

こちらはコマンドを実行したサーバーで現在行われている、giveawayの一覧を出すことが出来ます。
いまどんなgiveawayが行われているのか、確認したいときに使えますね。

giveawaybot-コマンド_glist
!glist 使用時

最後に

いかがだったでしょうか?今回はGiveawayBotの使い方についてご紹介しました!
さまざまな抽選をするのに便利なこのBot。

どうやって抽選しよう…と迷ったらこのBotを使ってみてはいかがでしょうか!

コメント

タイトルとURLをコピーしました