【Bot】原神のキャラクタービルド画像を作成できるDiscordBotを紹介!

ArtifacterBot-アイキャッチ画像Bot

こんにちは!今回は、GenshinImpact (原神) のキャラクタービルド画像を生成できるDiscordBot「ArtifacterBot」の、機能と特徴についてご紹介します!

スポンサーリンク

ビルド画像とは??

ビルド画像は、GenshinImpact (原神) のキャラクターや装備している武器、聖遺物などのステータス情報を一目で分かるような画像です。

ArtifacterBot-ビルド画像
ビルド画像の例

このような画像を生成するサービスは他にもありますが、これには、とある要素が一つ付いていて、それが聖遺物のスコア化です。

攻撃力基準やHP基準でスコアを計算し、どの聖遺物の性能が足りてないか等を判断することが出来ます。

「このサービスを作ったのか」と、思う方もいるかもしれません。

それは違います!!!!

この画像生成の元は、「Genshin Artifacter (X(twitter.com))」のサービスで、その無償Botがサービスを終了するにあたり、後継Botとして筆者が元の画像生成の仕組みを使い、ArtifacterBotとして開発・運営しているという、カラクリでした。

つまりこういうこと

という事で、後継Bot「ArtifacterBot」の機能・特徴をご紹介いたします!

ArtifacterBot

サーバーに導入

とりあえずいつものDiscordサーバーへの追加リンク

Discord - A New Way to Chat with Friends & Communities
Discord is the easiest way to communicate over voice, video, and text. Chat, hang out, and stay close with your friends and communities.

全てアプリケーションコマンドで動作するため必要な権限はありません。

使い方

/build

ArtifacterBotのコマンドの内恐らくユーザーが一番使うであろうコマンド「/build」

このコマンドは、言うまでもなく、このBotのメイン機能「キャラクターのビルド画像の生成」を行うためのものになります。

「/build <UID>」で、指定されたUIDの人のビルド画像を生成できます。

スラッシュコマンドの使い方

ビルド画像は次のような形で生成が出来ます。

ArtifacterBot-buildコマンド-使い方

ここで、ArifacterBotの特徴が、ボタンで計算方式を変えれる点!!です

ドロップダウン方式だと、リストを出すのに1回、選択するのに1回と、計2回の操作が必要になってしまいますが、ボタン方式の場合1回の操作だけで画像を切り替えられるので、ArtifacterBotではボタン方式を採用しています。

このお話は聖遺物を気にし始めた旅人向けになります。

ArtifacterBotでは、聖遺物のスコアの計算式として以下を採用しています。
基本的に会心ダメージと会心率を2倍したものに、それぞれの値を足したものをスコアとしています。

ArtifacterBot-計算方法説明

このスコアはあくまでも数値的なものにすぎないので、値が低くてもそのキャラクターや編成にとってはマッチしている聖遺物もあるので、決して、他人の聖遺物のスコアを見て、悪口を言わないようにしましょう。旅人が減ってしまいます

キャラクター選択でキャラが出てこない時

こういう系のBotを使い始めた旅人さんは、キャラクターが一覧に出てこないことがあるかもしれません。

そんなときは!!

ArtifacterBot-キャラクターが表示されない時の対処法

他の旅人にもキャラクターの装備やステータス情報が見える点は注意しましょう。

/uid

恐らく、7割くらい(多分)のユーザーが1回は使ったことがあるであろうコマンド「/uid

/build を使うには、毎回原神のUID(ユーザーID)を入れる必要があります。

そんなのめんどくさいですよね??

そんな問題を解消してくれるのがこのコマンド。

/uid <自分のUID>」と実行することで、UIDに基づく原神アカウントとDiscordアカウントを紐づけることができ、「/build」を行うときにいちいちUIDを入力する必要がなくなるのです!

まだ登録していないそこのあなた!ぜひ登録してみて下さい!

このUIDはBot側のデータベースに保存されますが、コマンドが正常に動かない時、その他不具合が起こった時のみ検索・使用される場合がありますが、それ以外の用途に使うことはありません。

登録したUIDを変更する場合は、もう一度このコマンドを実行することで、紐づけを解除することが出来ます。その際にデータベースからも削除されます。

スポンサーリンク

/週ボス

週3回、樹脂30で征討領域(通称:週ボス)の報酬を受け取れますが、どこの報酬貰おうか迷ってる方!そうではないけどランダムでやりたい方!そんなあたなにおススメなのがこのコマンド!

これはランダムで、3つの征討領域を選んでくれるだけのコマンド!

このメッセージはコマンドを実行したあなたにだけ表示されるので、何回打ってもチャットが埋まることはなし!

しかもそれだけではなく、「詳細情報へ」のボタンを押すと、その週ボスの報酬のキャラクター育成素材が分かるので、ランダムで選んで、この素材は要らないとなってもすぐにわかる仕様となってます。

ArtifacterBot-週ボスの詳細情報のボタンを押したときの表示

/party

1月21日に追加された機能「パーティーカード生成機能」のコマンドです。

この機能は何かといいますと、メインキャラクター1人・サブキャラクター3人を選び4人のキャラクターのステータス情報を1枚の画像にする機能です。

パーティーカード生成機能
パーティーカード生成機能

画像生成の手順の例は以下の画像を参考にしてください、

ArtifacterBot-partyコマンドの使い方-その1

サブキャラクター選択後、およそ2~3秒程度で画像が生成されます。

ArtifacterBot-partyコマンドの使い方-その2

まだまだ改善の余地はあるコマンドですが、深境螺旋でのパーティー構成の共有だったり、探索パーティの共有などを行いたいときにぜひ使ってみて下さい!

buildコマンドと同様に、原神のプロフィールに生成画像に使うキャラクターを設定していないと、partyコマンドを使った時にそのキャラクターは出てこないので、出てこない際はちゃんとプロフィールに設定されているかご確認ください。

最後に

いかがでしたでしょうか。今回は私が運営・開発を行っている「ArtifacterBot」についてご紹介しました。

ヘルプページが無かったので記事にしてしまいました。お許しくだせえ

ちなみに、私の観測上、GenshinArtifacter後継Botの中で恐らく一番最初に認証が通ったBotでもあります(ほとんどもう認証されているので何も意味はない)

もう一つだけ書くとすると、導入鯖数が約590サーバー(2024/01/18時点)なので、まだ安定して画像を生成することが出来ます。いずれ導入数が増えてきたら対策予定です。

GenshinArtifacter公認Botである、KuronekoServerグループが運営・開発している「Artifacter(旧: Artifacter Modified)」は、元のBotとほぼ同じ感覚で使うことが出来るので、気になる方はそちらも見てみてはいかがでしょうか?

各種リンク

ArtifacterBotサポートサーバー
(今回ご紹介した「ArtifacterBot」のお問い合わせはこのDiscordサーバーでお願いします)

Join the ゆーたの開発ラボ Discord Server!
Check out the ゆーたの開発ラボ community on Discord - hang out with 123 other members and enjoy free voice and text chat.

ArtifacterBot寄付リンク
 寄付も受け付けております。頂いた寄付はサーバー費及びドメイン費に充てさせて頂きます。

Stripe Checkout

GenshinArtifacter:Artifacter(@ArtifacterBot))/ X (旧:twitter)

Artifacter(旧: Artifacter Modified)

Artifacter Modified- KuronekoServer
Artifacter ModifiedはGenshin Artifacterの公認後継BOTです。このBOTは原神のビルドカードやパーティーカード等を生成できるDiscordBOTです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました